一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

平成最後の日に『天下一品』と私。

 

f:id:otsuka_style:20190429163610j:image

 

いつもありがとうございます。

 

平成時代も

今日で終わりですね。

 

とはいえ、

ゴールデンウィーク

関係なく仕事を

させてもらって感謝です。

 

平成最後のブログ、

私と『天下一品』について

書きましょうかね。

 

さんざん、

個人のフェイスブック

天下一品ばかり

アップしているので

最近は突っ込む人も

少なくなりました 笑

 

私と『天下一品』の出会いは

遡ること18年も前です。

 

当時、

私は大学を卒業し、

都内の治療院に就職をしました。

 

とはいえ、

出身学部は

体育学部。

 

在学中から

体育学部を卒業して

鍼灸やトレーナーの道に進むべく

色々と模索していました。

 

元々は、

高校を卒業し、

すぐに

鍼灸の学校や

トレーナーの専門学校も

考えていましたが、

まだまだからだが動くこと、

高校の部活レベルより

大学生まで競技を続けることで

より上のレベルの選手や

レーニングが、学べると思い

体育学部で

クロスカントリースキー

続けることにしました。 

 

競技者としては

箸にも棒にもかからないレベルでしたが

自分で考えてトレーニングできたり、

今も尊敬できる

鍼灸の先生にも出会うことができました。

 

大学生まで

みっちり競技を続け、

さらに

その後の学校に行くための

学費を親にお願いすることも

できないため、

都内の治療院に

いわゆる、

助手・見習いで

勤務をしながら

勉強する道を選びました。

 

体育学部卒とはいえ、

治療院で

臨床の場では

全く使いものになりません。

 

雑務はもちろん、

患者さんに

簡単なトレーニング指導が

私の仕事でした。

 

患者さんの案内、

電療のセットなど、

朝から晩までみっちり

働いていました。

 

当時の給料は

なんと!

 

 

7万円。

 

 

月給ですよー!

 

 

東京のはじっことは言え、

アパート代や

食費など、

生活できません。

 

そこで、

土曜日の午後から

日曜日一日を

治療院の仕事以外で

アルバイトをすることにしました。

 

交通費支給、

まかないがある、

そこそこ時給が良い、

 

ということで

探して見つかったのが、

『天下一品 水道橋西口店』の

オープニングスタッフでした。

 

今のように

簡単にインターネットで

アルバイトが見つかる時代ではなく、

無料のフリーペーパーや、

コンビニで100円の

求人誌で調べた時代です。

 

実は、

治療院の仕事以外、

天下一品のアルバイトの他、

体育館のプール監視の

アルバイトも週一でやってました。

 

そのプール監視のアルバイトは

のちに、

トライアスロンを始めるために

仕事終わりで泳ぐための

アルバイトでした。

 

平日は

朝から夜まで

治療院で働き、

週末は

水道橋までアルバイトに行くという

生活をしていました。

 

天下一品でのアルバイトが

良い気分転換になっていました。

 

天下一品では、

他のアルバイトスタッフも

学生が多く、

ちょっとした交流もあり

楽しかったですね。

 

『天下一品 水道橋西口店』は

直営店で、

滋賀県で数店舗を

経営するオーナーが

東京に進出する最初の店舗でした。

 

オープン前には

天下一品の創業者である、

木村勉社長が直々に

店舗に出向き、

有り難いお話をしてくれた

記憶があります。

 

どんな内容だったかは

覚えていません 笑

 

でも、

屋台一台から

会社を興した実業家、

初めて見る、

経営者のオーラが

ビンビンに伝わって

きたのは覚えています。

 

天下一品では、

麺場と言われる、

ラーメンを作るのは

社員の仕事、

それ以外の

チャーハンや

ギョウザ、唐揚げなど

焼き場は

アルバイトスタッフの

仕事でした。

 

治療院と並行して

アルバイトをしていた時は

週一だけでしたので、

調理はできず

オーダーを取ったり

レジ打ち、

洗い物や

どんぶりのセットを

ひたすらやっていました。

 

オーダーの通し方も

きちんと決まっていて

慣れるまで

ちょっと大変でした。

 

未だに

食べに行っても

伝票や

オーダーを通し方をチェック

しちゃいます。

 

f:id:otsuka_style:20190430092301j:image

 

ちなみに

天下一品といえば

こってりスープですね。

 

このスープは

豚骨と間違われますが、

鳥や野菜をベースにしているので

実はカロリーは高くありません。

 

専用工場から

麺と一緒に配送されます。

 

この、

ドロドロ感を出すのが

難しく、

火を入れ続けば

焦げて、

水が多過ぎれば

特有の粘りが出ないので

社員さんの

技量が問われます。

 

ちょっと脱線しましたが、

そんな感じで

大変でしたが、

休みもなく働いていた日々でした。

 

そんな日々も

実は半年で終わりを迎えます。

 

就職した治療院、

 

実は院長が

暴力を振るうのが日常的でした。

 

面接や、

最初の頃は

全く分かりませんでした。

 

私が入ったときは

同僚の先輩スタッフが

標的でした。

 

院長が気に入らないことがあったり

そのスタッフが、

うまくいかないことがあると

仕事をさせてもらえなかったり

無視したりと

そういうことが多々ありました。

 

そんな恐怖を感じながらも

仕事をしていましたが、

ついに、

そのターゲットが私になる日が

来てしまいました。

 

私がミスをしてしまい、

空いていたベッドに呼ばれ、

殴られました。

 

顔を・・・

 

たしかに、

私が仕事ができない、

ミスをしてしまったので、

最初は申し訳ない気持ちでしたが、

それが、

日常的になり、

殴られて

顔が腫れ、

口の中を切り、

出血した状態では

とても、

ここでは仕事どころじゃない、

となりました。

(今考えると、立派な

傷害罪ですね)

 

隣のベッドに

患者さんがいるにもかかわらず、

薄いカーテン越しに

殴られました。

 

その音は、

受付スタッフの方にも

聞こえるほどでした。

 

仕事どころじゃない状態で

半ば

逃げ出すように

そこを辞めました。

 

そこから

親に頭を下げて、

鍼灸の専門学校に行く

ことになりました。

 

辞めた時期がまだ、

次年度の入試に間に合う時期で

一応、社会人入試を受け

秋には合格通知をもらうことができました。

 

学校が始まるまでの

半年間。

 

今までの人生の中で

いわゆる、

フリーターとしての

半年間です。

 

治療院を辞めたので、

必然的に

天下一品のシフトにたくさん

入れることになります。

 

時給が良いのは

夕方から深夜ですので

その時間を中心に、

プールのアルバイトも

並行してやりました。

 

夕方から深夜まで働き、

始発で帰る生活。

 

都心の人の流れ、

夜のオフィス街、

今となっては

よい思い出です。

 

天下一品では

多少仕事ができるようになり、

また地方から来た共通点がある、

オーナーには

本当に良くしてもらいました。

 

最終的には、

専門学校の学費を払うから、

天下一品に残ってくれ、

と言われたときは嬉しかったですが、

ラーメンを作る技術が

向上しても

鍼灸にはちょっと直結しないので

丁重にお断りさせていただきました。

 

でも、

ちょっと苦しい時期に

お世話になり

感謝しています。

 

天下一品のこってりスープは

まさに、

私の青春の味です。

(平成の最後に昭和な表現ですね)

 

天下一品には

並々ならぬ、

想いがあるのです。

 

先日、

平成最後の天下一品納めを

してきました。

 

いつも、

あのこってりスープを

飲むと、

あの頃を思い出します。

 

初心に戻してくれる味です。

 

ということで、

長々と、

平成最後の日に、

『天下一品』と私、

について綴ってみました。

 

明日から

令和が始まります。

 

新たな気持ちで

スタートしていきます!

 

f:id:otsuka_style:20190430110446j:image

 

 

 

 

日本人ランナー必読の書!

 

復刻新装版 ランニング

いつもありがとうございます。

 

世の中、今日からゴールデンウィークですね!

楽しい連休をお過ごし下さい。

 

当院は

特に連休もなく

淡々と同じように

治療の毎日です。

 

今日ご紹介するのは

日本マラソン界の父とも

言われる、

金栗四三

『復刻新装版 ランニング』

です。

 

金栗四三といえば、

NHK大河ドラマ

「いだてん」の主人公として

脚光を浴びてますね!

 

大河ドラマの時間は

普通に仕事しているので

正直1度も見てませんが、

主人公になっているのは知っていました。

 

明治から昭和初期の

ラソン選手で

日本人初のオリンピック選手です。

 

世界記録を

更新したり、

選手としての実績はもちろん、

指導者になっても

箱根駅伝福岡国際マラソン開催に

尽力されたそうです。

 

ランニングの指導や

練習方法が

全く確立されていない時代に

自らの経験、

考え方など、

ランナーに必要な知識を

まとめた一冊となっています。

 

現代では

医学やバイオメカニクス

シューズなどの発展も

ありますが、

強くなるには

今も当時も変わらないことは

たくさんあります。

 

さらにこの本は

復刻版ということで

随所に

増田明美さんの

解説があります。

 

その解説を読むだけでも

とても面白いです。

 

あのマラソン中継の

独特の視点も

本書で読むことができますよ!

 

f:id:otsuka_style:20190427152634j:plain

アールビーズのレセプションにて

そうそう、

増田明美さんといえば

数年前に

ランナーズという月刊誌でおなじみの

アールビーズ社のレセプションに

招待されたときに

一緒に写真を撮ってもらいました!

 

テレビで拝見する、

そのままの優しい方でした。

 

ということで

日本人ランナー、

必読の書、

『復刻新装版 ランニング』の

ご紹介でした!

 

復刻新装版 ランニング

復刻新装版 ランニング

 

 

いつもと違う水曜日。

f:id:otsuka_style:20190425112315j:plain

平成最後の休日

いつもありがとうございます。

 

気付けば、もう

4月も終わりですね。

 

4月が終われば、

そう、

平成の終わり、

そして

『令和』の

始まりです。

 

そのうち、

昭和初期、みたいに

平成初期、なんて

普通に使われるのでしょうね。

 

昨日、

4月25日水曜日は

平成最後の水曜日でした。

 

とはいえ、

毎週水曜日の休診日は

家族と過ごせるたいせつな時間です。

 

買い物に行ったり、

食事をいっしょにしたりと、

当たり前のこと、

当たり前の時間ですが

たいせつにしていきたいです。

 

世の中、

10連休という方も

いらっしゃいますが、

当院はほぼ普通に仕事します。

 

昨日は、

連休前のせいか、

いつもは駐車場が混んでいて

3周くらいしてやっと

停められるショッピングモールも

出口の近くにすんなりと

停めることができました。

 

となると、

店内もいつもより

人が少ない状況でした。

 

みなさん、連休に

向けて動いていないようですね。

 

連休中は

どこも混雑する予測のようです。

 

南魚沼市

県外ナンバーの車が

いつもより多く感じます。

 

いつもと違うときは

要注意ですね。

 

私も気を付けて

生活します。

 

桜も終わりの

時期です。

 

新緑まぶしい季節、

楽しみましょう。

 

 

油揚げだけじゃない!栃尾オススメ温泉!

f:id:otsuka_style:20190422111537j:image

いつもありがとうございます。

 

先日、

燕さくらマラソンに参加してきました。

 

燕さくらマラソンのレポは

こちら→

otsuka-style.hatenablog.jp

 

 

燕市からの帰りは

栃尾市を経由して南魚沼に戻りました。

 

そう、

栃尾といえば、

油揚げですね!

 

栃尾には

いたるところに

油揚げ屋さんがあります。

 

レース後は

会場でちょっと腹ごしらえをして

遅めの昼食を

栃尾道の駅で食べました。

 

栃尾道の駅名物?

冷やしラーメンと

油揚げの

鉄板メニューです。

 

腹ごしらえのあとは

温泉です!

 

今回は

栃尾道の駅からすぐ近くの

『おいらこの湯』で

汗を流しましたよ。

 

f:id:otsuka_style:20190422112015j:image

 

栃尾という場所は

あまり温泉というイメージがなかった

のですが、

入ってビックリ!!

 

驚きの泉質でした!

 

f:id:otsuka_style:20190422112129j:image

 

こじんまりした

建物ですが、

新しくキレイでした。

 

平成17年にできたようですね。

 

入り口が

国道と反対側なので

ちょっと迷いました。

 

1階で料金を払い、

2階がお風呂、そして食堂もありました。

 

1階には

家族風呂もありました。

 

f:id:otsuka_style:20190422112336j:image

f:id:otsuka_style:20190422112351j:image

f:id:otsuka_style:20190422112405j:image

f:id:otsuka_style:20190422112420j:image

 

浴室は

温泉のお風呂と

水道水のお風呂、

洗い場、

というシンプルな作りです。

 

温泉は

しょっぱいお風呂で

温まりました!

 

いかにも

温泉って感じです。

 

源泉100パーセント!

水道水を加えず、

不純物をろ過する

半循環方式だそうです。

 

ナトリウム塩化物温泉です。

 

料金も

良心的で

よかったです。

 

f:id:otsuka_style:20190422113209j:image

 

長岡市高齢者センターとちお、

という建物名ですので

年配の方が多かったです。

 

長岡市の中心部からは

離れてますが、

あまり混雑なく、

リラックスできますよ!

 

また近くを通った際は

入りたいと思います。

 

ということで、

越後とちお温泉

おいらこの湯、

のレポでした!

 

燕さくらマラソン参戦記!

f:id:otsuka_style:20190421113907j:image

 

いつもありがとうございます。

 

4月20日

新潟県燕市で開催された

『燕さくらマラソン』の

ハーフマラソンに参戦してきました!

 

燕さくらマラソン

今大会からリニューアルし、

ハーフマラソンが新設、

さらにハーフマラソン

日本陸連公認コースということで

春のハーフマラソンのシメに

エントリーしました。

 

同じ新潟県内とはいえ、

はじめての大会、

はじめての土地で

不安でしたが、

運営もしっかりしていて

好印象でしたよ!

 

久しぶりの日帰り参戦です。

 

朝6時に家族と自宅を出発。

 

予定通り7時30分過ぎに

指定されたパナソニックの工事の

臨時駐車場に到着。

(会場で一緒に陣地をとった

知人は離れた駐車場だったようです)

 

パナソニック駐車から

会場までは徒歩で10分弱。

 

係りの方の誘導で

道なりに川沿いを歩いていきましたが、

実は住宅地を歩いてもいけました。

 

来年はショートカットしたいと

思います。

 

会場は

大河津分水さくら公園、

という広くて新しい公園でした。

 

f:id:otsuka_style:20190421114815j:image

f:id:otsuka_style:20190421114832j:image

f:id:otsuka_style:20190421114853j:image

 

当日は

晴れてくれて

雨宿りの心配もなく

助かりました。

 

f:id:otsuka_style:20190421114947j:image

 

会場内は

大きな更衣室テントや

お店もたくさん出店していて

広い公園をうまく使っている

印象です。

 

f:id:otsuka_style:20190421115117j:image

食べ物テントは

けっこう賑わってましたね。

 

さて、

ハーフマラソンのスタートは

全種目の最後、

10時です。

 

のんびりと

ほかの種目のスタートを

見たり、ハーフの

スタート位置を確認したり

軽くアップをして

20分前にスタートへ。

 

陸連登録者がS、

1時間25分より早い申告がA

1時間25分から45分がB、

というような感じで

一応、ブロック分けしてありましたが

ハーフは適正な参加人数で

スタートのタイムロスは5秒でした。

 

土曜日開催、

公認コース、

燕さくらマラソン初のハーフ、

ということもあり

どちらかというと

シリアスランナーが多い印象です。

 

次の日の

日曜日に

近くで

見附刈谷田川ハーフマラソン大会も

あり、

参加者は

多少割れたと思います。

 

コースは

大河津分水路を起点としたコースです。

 

f:id:otsuka_style:20190421120032j:image

 

パンフレットを見ても

イマイチよく分からず・・・

 

コース高低表からは

そんなにアップダウンのない

コースかと思ってましたが、

意外や意外、

バイパスの工事の横や

河川敷に出入りする

箇所でアップダウンがあり、

地味にきつかったです。

 

個人的には

平成最後のハーフマラソン

冬からハーフマラソン

調整してきて、

春の本命レースとの位置づけでした。

 

しかし、

レース2週間前に引いた

風邪の回復が遅れ

最後のポイント練習も

なんとか間に合った状況でした。

 

レースは

基本的に仕事を休みにして

参加しているので

捨てレースはしません。

 

今回の目標は

キロ4分ペースで

85分でフィニッシュ、です。

 

ガーミン先生の

導きのもと、

4分をちょっと切るペースで

淡々とレースを進めていきます。

 

今回誤算だったのは、

たいがい同じペースで走るランナーが

どの大会でもいるのですが、

ほとんど単独走行になってしまいました。

 

前半突っ込んで入ったランナーは

10キロ手前でいなくなり、

10キロ以降は

50メートル先の

ランナーを追う形でした。

 

最終的には

その前のランナーも

大失速して

あまり良い目標には

ならなかったです。

 

単独で入れる力がないので

しょうがないですね。

 

比較的余裕があるペースの

はずですが、

13キロ過ぎで

足が止まりつつあり、

そこから先は

久しぶりに

長く感じました。

 

ラスト3キロは

こちらも大失速して

なんとかゴール。

 

f:id:otsuka_style:20190421122433j:image

f:id:otsuka_style:20190421122500j:image

 

タイムは

目標としていた

85分に及ばず

86分2秒・・・

 

これが今の実力です。

 

部門別は12位でした。

 

今回は

シューズ、

ナイキ ズームフライフライニット

ウエアは

上を久しぶりのランシャツ、

下はハーフタイツという

スタイルでした。

 

ハーフタイツも意外と

足さばきが良くて次回も

採用したいです。

 

f:id:otsuka_style:20190421122919j:image

 

レース後は

チップ回収を学生さんがしてくれたり、

レモネードにキュウリが入った

ドリンク、

ヤクルトのスポーツ飲料のサービスが

あり、

記録証も即日発行してました。

 

着替えてからは

お腹が空いたので

テントのブースで

ポテトを買い、

食べながら

駐車場へ向かいました。

 

はじめての大会で

リニューアルしたようですが、

給水も水、スポーツドリンク、

がしっかりありました。

距離表示も

多少小さかったですが

1キロごと、

にしっかりありました。

 

参加賞も

大会のロゴが入っちゃって

日常では使えない

Tシャツやグッズが多いなか、

ミズノ社製のポーチで、

とても気に入りました!

 

ポーチがふたつです!

f:id:otsuka_style:20190421123955j:image

 

 

イベント重視の

大会が流行りますが、

こういう、

走ることに集中できる

大会は残って欲しいですね。

 

とても良い大会でした。

 

来年も、

ぜひ出たいと思います。

 

帰りは

栃尾方面から

帰りましたが

栃尾の温泉、

栃尾の道の駅に寄りました。

 

栃尾の温泉編は

次回にアップしますね。

 

f:id:otsuka_style:20190421123751j:image

 

栃尾と言えば、

そう!

油揚げですねー

 

油揚げと、

栃尾道の駅名物、冷やしラーメンで

お腹を満たしました。

 

油揚げは

お土産にも買いました。

 

と、

つれづれと書きましたが

ある程度、

目標設定通りに

走れて良かったです。

 

久しぶりに

ダメージが残ってますが

気分は良いです。

 

これから先は

大人の5キロで

勝負していきます。

 

f:id:otsuka_style:20190421124336j:image

 

来年もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かがやらなきゃいけないこと。

f:id:otsuka_style:20190418114801j:image

いつもありがとうございます。

地方統一選、私の地域でも

行われました。

 

そして、

今週は実家のある町の

町議会選挙です。

 

ですが、

定員と同数の立候補者ということで

無投票当選が決まりました。

 

政治に無関心とか

言われる時代ですが

なんか寂しいですよね。

 

ただ、

地方の小さな町では

議員報酬だけで

生計を立てることは難しく、

それだけに

手を挙げる方は頭が下がります。

 

逆に議員報酬を

引き上げてしまえば

お金のために・・・

ともなるので難しいですね。

 

話は変わり、

私は昨年より、

某団体の理事になっています。

 

最初は、

名前だけでいいから、

出れるときだけでいいから、

という、

誘い文句で、

じゃ、それで良ければと

思い、引き受けました。

 

しかし、

理事会に入れば、

自分の都合の良いときだけ、

という訳にはいかないんですね。

 

そこは、

安易に引き受けてしまった

私が悪いのですが、

責任も発生してきます。

 

正直、

自分の仕事を休みにして

出ないといけないこともあります。

 

理事報酬は

出ず、

簡単に言うと

自分の仕事をしていれば

よっぽど稼げる訳です。

 

ただ、

こういう仕事は

誰かがやらなきゃいけない、

仕事なんです。

 

学校のPTA、

地域の行政区の役員、

いろいろありますよね。

 

賛否両論ありますが、

でも、

誰かがやらなきゃいけないんです。

 

その誰かは

自分だけでできませんが、

 

頼まれごとは、試されごと

 

の意識で

スピード感を持って仕事を

しています。

 

なんとなく、

とりとめのない文章になりましたが

頑張ります!

 

今日は何の日?

f:id:otsuka_style:20190415182329j:image

 

いつもありがとうございます。

 

今日は

一鍼一灸堂 大塚鍼灸治療院の

開院日です。

 

当院は2013年4月15日に

南魚沼市六日町、

六日町駅通りで開院しました。

 

当時は、

駅から近い、

とはいえ、

周りは飲食店だらけの

活気のあまりない、

場所でした。

(その状況は今も変わらずです)

 

大昔に、

歯医者さんの

物件で、

賃貸とはいえ、

一般的に住居には適さない

スタイルでした。

 

1階部分と、

外観に手直しをして

2階に住居という形で

始めました。

 

施術室、

トイレ、

待合室という名の和室があり、

鍼灸治療院としての

機能を満たしていました。

 

ベッド1台でしたので、

毎回入れ替わりという

システムで、

狭まいながらも

患者さんとは

密にコミュニケーションを

取って施術していました。

(場所を移転、新築しても

それは変わりありません)

 

開業してから

6年という月日が流れ、

周りの環境も変わり、

家族も増えて、

今日から

7年目のスタートです。

 

正直、

開業してから、

治療技術は飛躍的に

進化しました。

 

これは、

治療家として

冷静に考えても、

ひいき目に見ても、

かなり進化しています。

 

開業してから、

たくさんの勉強会、

研修会に参加し、

しっかり学んできました。

 

これは、

普通の感覚だと、

ある程度

技術やノウハウを

身につけて

開業すると思いますが、

私は

開業後の方が

断然、

良い治療ができています。

 

おからだを

拝見するにあたり、

最低限の知識、技術は

もちろんですが、

完璧を求めては

動けません。

 

これからも、

動きながら

進化していきます。

 

改めて、

全ての方に、

 

 

ありがとうございます。