一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

症状や病気が良くなるための10か条を考えてみた。

f:id:otsuka_style:20190122112342j:plain

良くなるひとの共通点とはなにか?

いつもありがとうございます。

 

前回は

症状や病気が良くならない人の

10か条でした。

 

それでは、

お待ちかねの

【症状が良くなる人の10か条】いってみましょう!

 

・『ありがとう』と言えるひと

さまざまな物事に感謝できる人は良くなります。

 

・怒らないひと

怒りは過ぎるとからだを悪くするだけでなく、他人に迷惑がかかります。

 

・自然、他人と調和できるひと

人間も宇宙のなかの存在であることに気付くこと。

 

・自分の感情をコントロールできるひと

怒りの感情だけでなく、自分の気持ちに対して客観的な見方ができるひと。

 

・笑うからだには福来る

笑うことは免疫力をアップさせます。

 

・症状や病気は何を意味するのかを考えれるひと

なぜ、このタイミングで、この症状なのか考えてみましょう。

 

・外的要因だけでなく、内的要因に気付くひと

すべての原因は実は自分自身にあります。

 

・自分でできることを知ろうとする

なんでも他人任せ、人任せにしない。

 

・良くなっている変化に気付く

少しの変化に気付くことはたいせつです。

 

・発する言葉が変われば、体も変わる

言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉のちからによってからだは変わります!

 

こんな内容の冊子を

作成しようと考えています。

 

あまりにも、

スピリチュアルな感じですかね??

 

でも、

量子医学が当たり前になる時代です。

 

目に見えないものが、

確実に存在して、

確実に物事を動かしています。