一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

第92回全日本学生スキー選手権大会帯同記

f:id:otsuka_style:20190223133019j:image

いつもありがとうございます。

 

今年も

全日本学生スキー選手権大会

(インカレ)に

母校のサポートで帯同してきました。

 

今年も野沢温泉村での

開催です。

 

ちなみに来年から

数年は秋田県鹿角市での

開催です。

 

新潟から近く、

移動に時間がかからないので

助かります。

 

今月は

インターハイ

秋田県に一週間、

出張しましたので、

インカレは3日間のみの

帯同です。

 

2月20日

早朝に出発し、

男子1部クロスカントリースキー

30キロフリーを見てから、

母校のサポートに入りました。

 

f:id:otsuka_style:20190223134020j:image

f:id:otsuka_style:20190223134056j:image

いつも当院を利用している

選手も多数出場しているので、

応援にも熱が入ります。

 

f:id:otsuka_style:20190223134200j:image

 

帯同初日、

サポートする母校の

成績はスキー、ストックの破損の

トラブルもあり、

最悪の結果となりました。

 

その日は、

選手を慰めながら、

しかしながらまだ続く

競技に向けて気持ちを入れ替え

させます。

 

特にあまりない

トラブルで本人もショックを

受け、からだのダメージより、

変な高揚感を感じたので

しっかりクールダウンさせました。

 

その日は、

明日出場するアルペン

選手の治療も行ないました。

 

2月21日は

野沢温泉スキー場で、

アルペン競技、スラロームです。

 

f:id:otsuka_style:20190223134633j:image

f:id:otsuka_style:20190223134655j:image

 

アルペンについては、

現地では

特にサポートもないため、

応援に行きます。

 

母校のリザルトは

アルペン陣奮闘し、

しっかり得点し、

明日のクロスカントリー

クラシカルに良い雰囲気で

繋げてくれました。

 

2月22日は

クロスカントリー

クラシカル。

 

クロスカントリー

選手2名のみの母校。

 

1部昇格の可能性を

消すわけにはいきません。

 

f:id:otsuka_style:20190223134949j:image

f:id:otsuka_style:20190223135007j:image

 

結果、

2名ともに

得点し、望みをつなぐ

ことができました。

 

と、

最終日のリレーの前に

帯同はここまで。

 

非常に厳しい戦いですが、

トレーナーとしては

やれることはやりました。

 

最終日の今日、

インターネットの速報を

チェックしていましたが、

力及ばず、

1部昇格はできなかったようです。

 

f:id:otsuka_style:20190223135654j:image

f:id:otsuka_style:20190223135700j:image

 

クロスカントリースキー

もちろん、

インカレでのサポート帯同を

10年以上やっていますが、

選手と一緒に

嬉しさ、

悔しさ、

さまざまな気持ちを

共有できる良い期間です。

 

私も同じように

競技をやっていたこともあり、

毎年あの頃の

気持ちが蘇ります。

 

そして、

今の仕事に対しても

新たな気持ちを

確認できます。

 

会場内外でも

大学時代にお世話になった方に

声をかけてもらったり、

本当に感謝です。

 

ありがとうございました。