一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

インターネットのウソを暴け!

f:id:otsuka_style:20190312112319j:image

いつもありがとうございます。

 

私たち、はり師きゅう師は

国家資格免許です。

 

国家資格免許の治療は

広告制限があります。

 

例えば、

・料金

・何に効くのか?

・どういう学校を出たのか?

・どういう治療が得意なのか?

 

などを

広告の媒体に記載してはいけないのです。

 

なので、

新聞折り込みなどの

不特定多数に向けた、

広告は規制の対象になります。

 

逆に無資格・無免許の

整体、リラクゼーションは

厚生労働省や保健所の

管轄ではないので、

なんでも広告してOKなんです。

 

例えば、

骨盤矯正コース、3000円!

頭痛、肩こりコース 5000円!

 

みたいに。

 

ですから、

情報発信をするには

口コミやインターネットサイトなどになります。

 

口コミは人によって解釈が

全くと言って違うので、

正直、アテになりません・・・

 

と、なると

こちらが訴えたい情報は

インターネットサイトになるんですね。

 

インターネットについては、

現在のところ、広告とは

みなされない状態です。

 

広告の定義は

不特定多数に向けた情報発信であり、

インターネットサイトは、

調べるひとが勝手に調べて

行き着いた情報という概念なので、

広告ではないんですね。

 

ただ、

インターネットサイトについては

情報を発信する側で

いくらでも

【盛る】ことができちゃいます。

 

これを

専門用語で権威付けといいます。

 

人間は権威に弱い生き物ですからね。

 

お医者さんが白衣を着て真剣な

表情で話せばしっかり聞く耳を持ちますが、

休日、私服でウロウロしていても

分からないですよね?

 

そんなことで、

この地域にも

【同業の先生方からのご推薦】を

たくさん掲載している

整体屋のサイトを見つけました。

 

たくさんの推薦文を

掲載してますが、

内容はというと、

 

◯◯先生は、セミナーで真剣に学んでいた、

◯◯先生の人柄は素晴らしい、

とか、

肝心な施術に関しての

話が出てこないんですね。

 

さらに、

その推薦文を寄せている

先生のホームページを見ると

驚愕の事実が!!

 

その◯◯先生も

推薦文を書いているじゃないですか!

 

おかしい?

と思い、他の治療院の

ホームページを見ると、

そのグループ?内で

推薦文を書きあいっこしてるんですね。

 

さらに

調べてみると、

そういう集客セミナーに

参加した人同士のようなんです。

 

だから、

この地域の近隣の治療院ではなく、

関東、関西地区の先生の推薦文なんですね。

 

えげつな・・・

 

ちょっと調べれば分かることですが、

大半の人はそれすらせずに、

権威に惹かれるんです。

 

もちろん、

当院はヤラセ一切なし、ですよ!

 

そんなことしてまで

権威付けはしたくありません。

 

同様に中年の

YouTube信仰もスゴいです。

 

よくあるのが、

YouTubeでこの体操が効くと

信じて余計に悪化させている

例は多数あります。

 

インターネットは

便利に情報収集できますが、

本当かウソかを

見抜く力も必要です。

 

それも、

ちょっとだけ追跡して

検索かければ分かるんです。

 

でも、それすらしないんですね。

 

インターネットサイトで

情報を得るときは

その情報元が本当に信頼できるか、

ちょっと調べてみてくださいね!