一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

誰かがやらなきゃいけないこと。

f:id:otsuka_style:20190418114801j:image

いつもありがとうございます。

地方統一選、私の地域でも

行われました。

 

そして、

今週は実家のある町の

町議会選挙です。

 

ですが、

定員と同数の立候補者ということで

無投票当選が決まりました。

 

政治に無関心とか

言われる時代ですが

なんか寂しいですよね。

 

ただ、

地方の小さな町では

議員報酬だけで

生計を立てることは難しく、

それだけに

手を挙げる方は頭が下がります。

 

逆に議員報酬を

引き上げてしまえば

お金のために・・・

ともなるので難しいですね。

 

話は変わり、

私は昨年より、

某団体の理事になっています。

 

最初は、

名前だけでいいから、

出れるときだけでいいから、

という、

誘い文句で、

じゃ、それで良ければと

思い、引き受けました。

 

しかし、

理事会に入れば、

自分の都合の良いときだけ、

という訳にはいかないんですね。

 

そこは、

安易に引き受けてしまった

私が悪いのですが、

責任も発生してきます。

 

正直、

自分の仕事を休みにして

出ないといけないこともあります。

 

理事報酬は

出ず、

簡単に言うと

自分の仕事をしていれば

よっぽど稼げる訳です。

 

ただ、

こういう仕事は

誰かがやらなきゃいけない、

仕事なんです。

 

学校のPTA、

地域の行政区の役員、

いろいろありますよね。

 

賛否両論ありますが、

でも、

誰かがやらなきゃいけないんです。

 

その誰かは

自分だけでできませんが、

 

頼まれごとは、試されごと

 

の意識で

スピード感を持って仕事を

しています。

 

なんとなく、

とりとめのない文章になりましたが

頑張ります!