一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

ニューバランスMT10 レビュー

[ニューバランス] MT10 UB BLUE/BLACK 27.5cm

 いつもありがとうございます。

 

シューズレビューです。

 

かつて

一世風靡した

はだし感覚ランニングシューズの

先駆けともいえる

ニューバランス MT10』です!

 

復刻して

最近発売しましたね。

 

クッショニングシューズの

対極ともいえる、

ベアフットムーブメントが

流行っていた時期がありました。

 

ビブラムの5本指シューズや

ナイキのフリー、

ルナサンダルなどが

このカテゴリーに入ります。

 

人間本来の

走りを身に着けられる、

効率の良い走りができる、

という謳い文句でした。

 

しかし、

極端な使用方法のランナーが

非常に多く、

ふくらはぎやひざを痛める方が

かなりいました。

 

アメリカでは

ビブラムを履いてケガをしたということで

訴訟になり話題になりましたよね。

 

そんなこともあり、

ベアフット一大ブームは去っていきました。

 

というのに今なぜ、

ニューバランスMT10を使うのか?

ってことですよね?

 

このカテゴリーのシューズは

決して悪ではなく、

やはり使い方次第なんですね。

 

あくまでも、

メインにしてはいけません。

 

f:id:otsuka_style:20190514100508j:image

 

ヒールカップもなく

最小限の機能ですので

足を守るのではなく

自分でしっかり動作をしていかないと

バランスを崩せません。

 

走ることは

両足が一瞬でも地面から離れます。

 

バランスを崩しながら

からだを前方に進めます。

 

いわゆる

レーニングシューズ、

サポートシューズは

かかととつま先の傾斜を利用して

勝手にからだを前方方向に進めてくれます。

 

その勝手に進めてくれる機能が

ベアフットシューズにはないので

自分でやるしかないんですね。

 

私は冬のあいだは

スキー競技のトレーナーの仕事もあり

また雪道でたくさん走れないので

練習量が落ちます。

 

そうなると、

レーニングシューズで

なんとか

つなぐくらいの練習しかできません。

 

雪がとけて外を走れるようになり

スピードを上げての練習のときも

レーニングシューズを使っていましたが

やはりトレーニングシューズは楽なんですね。

 

勝手に前方に進めてくれますから。

 

そこで、

あえてベアフットシューズも

使うことによって

普段のシューズの恩恵を

感じることができます。

 

久しぶりにこのシューズを

履いて走りましたが、

サポートがないにもかかわらず、

気持ちよく走れました。

 

f:id:otsuka_style:20190514100449j:image

 

足裏からの感覚を

取り込む感じが気持ち良いです。

 

ナイキのフリーも

使っていますが、

あの柔らかさは

どうしても、はだし感覚からは

遠くなってしまいます。

 

ソールもビブラム社製で

適度な硬さがあります。

 

f:id:otsuka_style:20190514100426j:image

 

つま先には補強があり

トレイルランニングでも

充分使えますよ!

 

f:id:otsuka_style:20190514100605j:image

 

今シーズンは

このニューバランスMT10を

うまく使っていきたいと思います!

 

シューズについての記事は

こちらもどうぞ→

https://otsuka-style.hatenablog.jp/entry/2019/03/30/153318