一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

アキレス メディフォームの実力

f:id:otsuka_style:20190616111415j:image

 

いつもありがとうございます。

 

今回のランニングシューズレビューは

『アキレス メディフォーム メロス』です。

 

え?

アキレス?

アキレスってジュニア向けのシューズの?

あの、瞬足のアキレス!?

 

そうなんです。

ジュニアシューズで

シェアを誇る、アキレスが作った

ランニングシューズ、

MEDIFOAM(メディフォーム)という

ブランドで展開しています。

 

コンセプトは

『走るリカバリーシューズ』です。

 

ランニングブームの昨今、

ランニング人口は増えているものの、

ビギナーの半数以上が1年以内に

ランニングを辞めてしまう現実。

 

その多くの理由として

足の痛みが挙げられます。

 

ランニング障害の一掃を目指して

開発されたブランドが

メディフォームです。

 

自社開発のポリウレタンを

ミッドソールに使用し

衝撃吸収を実現しました。

 

f:id:otsuka_style:20190616112426j:image

 

発売当初は

デイリートレーナーの

ラインナップがほとんどでしたが、

レースでも使用できるシューズとして

この、

メロスとイテンが発売されました。

 

メロスとイテンの違いは

アウトソールに

グリップが付いているかいないかの

違いです。

 

私はレースや

スピード練習で使用する目的で

グリップのついた

メロスを使用しています。

 

f:id:otsuka_style:20190616112738j:image

f:id:otsuka_style:20190616112749j:image

 

履いた感触はまず、

軽いこと、

さらに8ミリドロップで

自然と足が出やすい作りという印象です。

 

感覚的には

アシックスのターサーに近いですね。

 

実は

先日の南魚沼グルメマラソンでも

レースで使うか最終のポイント練習で

候補に挙げていました。

(結局、ナイキズームフライ フライニットを

選びましたが・・・)

 

これからももう少し履いてみて

レースで使うかもしれません。

 

メロスの前にも

メディフォームのトレーニングモデルを

履いています。

 

衝撃吸収性を謳っていますが、

過度な柔らかさはなく

しっかりと足を守ってくれるシューズです。

ちなみにAmazonでは

かなり激安でトレーニングモデルが

売っています。

 

サイズ感は

足幅が若干広めです。

 

ちょっと注意が必要です。

 

メロスは

ワンサイズ下のものを

買い直しました。

 

サイズ感がちょっと他の

レースモデルと異なるところは

注意ですね。

 

これからも

ラインナップが増えると

思いますが

他のランナーが履いていないので

現状、優越感に浸れます 笑

 

試してみる価値はありますよ!

 

ということで、

アキレスメディフォーム

メロスのレビューでした!