一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

知っておくべき、富士登山成功の3つのポイント

f:id:otsuka_style:20190725142806j:image

いつもありがとうございます。

 

先日、

令和初の富士登山に行ってきました。

 

前回のブログ、の続きの前に

令和元年、富士登山成功の3つのポイントを

書いておきます。

 

前回のブログはこちら→

 

otsuka-style.hatenablog.jp

 

 

令和初とはいえ、

平成時代に20回以上は登っています。

 

元号が変わり、

また、今年はお盆休みが比較的

長めのようですので、

一念発起して【富士登山】に

挑戦する方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そこで、

富士登山成功の3つのポイントです!

 

①事前準備は万端に!

ザック、着替え、行動食、水、

ファーストエイドキット、現金・・・

富士山は、山小屋はたくさんあるとはいえ、

基本的に登山は自己責任、自己完結です。

登るのに支障がない程度に

荷造りしましょう。

 

もちろん、山小屋で1泊する、しない、

などで持ち物は変わりますが

万全の装備が必要です。

事前準備は、登る場面だけではなく、

前後の行動予定、天気予報などの

情報収集も含まれます。

 

天気が良くても高度が高いため、

気温は下界に比べて10℃以上は

低くなります。

時間帯によりますが、

5℃前後で行動できるウエアは必須です。

深夜行動するならフリースくらいあってもいいですね。

また、御来光を見るための登山ならヘッドライトは必須です。

 

また、トイレは各山小屋で

借りることになりますが、有料です!

200円がすぐ出せるようにすると

緊急時に安心ですね。

ちなみに山頂のトイレは300円です。

小銭がすぐ出せるようにしましょう。

 

②登りで頑張らない!

事前準備を万端に、いざ登山です。

富士山は山頂を目指すルートが4つあります。

 

一番メジャーで、

登山客が多いのが、

河口湖方面からの吉田ルート。

 

一番、山頂までの距離が短いのが、

富士宮ルート。

 

その他、

御殿場ルート、

須走ルートがありますが、

両ルートは使ったことがありません。

 

単純に山頂を目指すだけなら、

最短、最速で富士宮ルートがオススメです。

 

f:id:otsuka_style:20190725160221j:image

ですが、吉田ルート山頂近くの方が

御来光がキレイに見ることができます。

 

f:id:otsuka_style:20190725160324j:image

f:id:otsuka_style:20190725160333j:image

 

御来光渋滞も吉田ルートは

覚悟した方がいいですね。

 

よく、

吉田ルートより傾斜が急で

上級者向け?みたいなサイトもありますが、

吉田ルートも8合目から上は岩場で、

結構な傾斜があります。

 

あと、富士宮ルートの山頂には

浅間神社、富士山頂郵便局、

さらに、3776メートルの

剣ヶ峰があります。

 

f:id:otsuka_style:20190725160439j:image

f:id:otsuka_style:20190725160511j:image
f:id:otsuka_style:20190725160506j:image

 

吉田ルート山頂からは

ちょうどお鉢巡りの反対側に位置しています。

 

f:id:otsuka_style:20190725160544j:image

 

とにかく、どのルートを使っても

それなりの疲労はあります。

 

高度も高く、傾斜もあります。

 

いかに登りだけで

力尽きないかが大切です。

 

下山も自己責任なので、

ペース配分が大切です。

 

傾斜がありますので、

滝汗をかくくらいのペースだと

汗冷えしたり体力を消耗します。

 

汗をかかないくらいの

余裕があるペースがいいですね。

 

登りを頑張らないくらいが

ちょうどいいです。

 

無事に下山するまでが

登山です。

 

意外と下りも疲れますからね。

 

富士山は火山灰で足場が悪く、

滑りやすいです。

 

吉田ルートは、

上りと下りでルートが変わりますが、

砂走りといって砂の上を下山してきます。

 

砂埃対策もお忘れなく。

 

③山は逃げない、勇気ある判断を!

富士山は標高が高いので、下界が雨でも

登山道は晴れていたり、その逆もしかりです。

 

天候も急変しやすいのは他の山も一緒です。

 

どんなに準備をしていても、

対応できないのが気候です。

 

下山して帰宅するまでの

自信がなければ、勇気ある撤退も必要です。

 

過度な自身も禁物です。

 

判断力も必要です。

 

山は逃げません。

しっかり準備して挑みましょう。

 

ということで、

富士登山成功のポイントを

20回以上登っている私がお伝えしました!

 

やはり、準備が9割って感じですね。

 

みなさんも楽しい富士登山を!