一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

ウェーブデュエルGTZは日本人ランナーを救えるか?

f:id:otsuka_style:20190812141425j:image

 

いつもありがとうございます。

久しぶりにミズノのランニングシューズを

購入しました。

 

というか、

久しぶりにミズノのシューズを

履いてみたい!

と思わせるシューズでした。

 

そのモデルは、

『ウェーブデュエルGTZ』

 

GTZは

箱根駅伝エース区間

2区終盤の、

権太坂(GonTaZaka)が

由来のようです。

 

ということで、

純国産メーカー、

ミズノのレーシングシューズです。

 

このシューズの特長は、

陸上競技短距離のスパイクの

ノウハウを、マラソンシューズに

活かしたことです。

 

スパイクに使用される、

プレートをランニングシューズに

使うことで反発性を上げています。

 

カーボンプレート?

反発?

というと

ヴェイパーフライや

カーボンXの

ソールが厚くて中にカーボンプレートが

入っているシューズが先行して

発売されていますが、

それとは全く違う感じです。

 

f:id:otsuka_style:20190812142153j:image
f:id:otsuka_style:20190812142149j:image

 

アウトソールは

トラックでもしっかりグリップする

ソールを使用しています。

 

中足部からは

プレートが見えますね。

 

さっそく、

スピード練習で使用しました。

 

グリップ力はやはり抜群です。

 

軽さもあるので回転数を上げやすく、

多少のドロップもあるので

重心移動がスムーズです。

 

カーボンの反発性はというと、

ヴェイパーフライやカーボンX等と

違います。

 

ある程度、自分で踏み込める人が

フィットしそうです。

 

とはいえ、

軽快に走れるので

短い距離でガンガン使いたいですね。

 

久しぶりに

国産レーシングシューズで

箱根を席巻できるか、

注目したいです。

 

f:id:otsuka_style:20190812142736j:image
f:id:otsuka_style:20190812142731j:image
f:id:otsuka_style:20190812142740j:image