一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

台風19号に思うこと

いつもありがとうございます。

 

台風19号、日本各地に甚大な被害を

及ぼしました。

 

皆さまのご無事をお祈りしています。

 

幸い、私の住む新潟県

10月13日午前中の時点では被害が出ていません。

 

今回の台風19号は日本に近づく前から

巨大な勢力であり、

最大限の警戒をマスコミを始め

各関係機関で訴えていました。

 

そのおかげで

計画運休や短縮営業、休業等

早め早めの対策をとることができたと思います。

 

しかし、煽りすぎ?

とも捉えられる報道やSNSでの

情報発信もありました。

 

もちろん、

備えあれば憂いなし、

です。

 

実際、治療院や自宅付近も結果的に

避難勧告が出ました。

 

私も数日前から

天気図や最新の情報を集めていました。

 

周りのスーパーでは

台風が近づくにつれ

カップラーメンや飲料水が

売り切れるほど売れたそうです。

 

確かに

備えあれば憂いなし、

ですが、

一方で

何も考えずとにかくスーパーに

行って買い物をした人も少なくないはずです。

 

現在は気象情報も精度が高く

事前に対策は立てられる時代です。

 

ですから過剰に反応することは

しなくても良い時代です。

 

ですが、

そういった情報を自分から取りに行き

しっかり予測して対策できれば

過剰に反応することはないはずです。

 

結果論になりますが

ある程度予測できたので冷静に行動することができました。

 

これが関東地区に自分が身を置いていたら

直ちに避難していたでしょう。

 

予測を上回る事態が自然災害の恐さです。

 

しっかりと冷静に情報を収集して

行動することの大切さを今回の台風から学びました。

 

これ以上被害が広がりませんように。