一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

この冬はタバタ式トレーニング!

 

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

 

いつもありがとうございます。

 

関東や雪の降らない地域は

これからがマラソンシーズンです。

 

ですが、新潟はこれからが

オフシーズンとなります。

 

レースも県内ではありませんし、

雪で走れなくなる季節到来です。

 

さらに今年は

市内、県内、全国的にも

クマが多数出没しており近くでの

目撃情報も多数寄せられています。

 

その目撃情報の大半は

早朝や夜なんですね。

 

私のトレーニング時間である

早朝は危険な時間帯です。

 

さらに日が昇るのもだいぶ遅くなりました。

 

しかし、まだまだ頑張ります。

 

レーニング時間を短縮し

効率のよいことに取り組みたいと考えていましたが、

この冬は

『タバタ式トレーニング』にチャレンジします!

 

『タバタ式トレーニング』、

『タバタプロトコル』とも呼ばれるメソッドは

スピードスケート日本ナショナルチームヘッドコーチだった、

入澤孝一先生が考案し、それを科学的に研究し

立命館大学の田畑泉教授が論文として発表したことがベースに

なっています。

 

このトレーニングは海外のトレーニングマニアの間で

爆発的に知名度をあげYouTubeなどでもたくさん見ることができます。

 

いわば、逆輸入のようなかたちで

日本でも知られるようになりました。

 

考え方はシンプルで

短時間にオールアウトするまで負荷をかける

いわゆるインターバルトレーニングです。

 

ですが、

知られているインターバルトレーニングと異なり

短時間で追い込み、その短時間でも

成果が認められています。

 

基本的には

20秒の全力運動→10秒の休息を

8セット繰り返す方法です。

 

20秒の全力運動は

スクワットやバーピージャンプ、

エアロバイクでも可能です。

 

ランニングであれば

20秒の全力疾走です。

 

スピード練習が苦手な大半のランナーにとっても

20秒の全力疾走が8本なので

比較的抵抗は少なく取り組めます。

 

実際にやってみましたが、

意外にキツイ!!

 

3セット目くらいまでは

余裕かな?と思いましたが

休息が10秒しかないので後半は心拍数が落ちないまま

20秒の全力疾走となります。

 

8セットで4分ですので

時間はかなり短いです。

 

そのかわり、8セットでオールアウトするくらいでないと

効果は薄いです。

 

タバタ式トレーニングでは

瞬発力はもちろん、持久力の数値として有名な

最大酸素摂取量の増加も認められています。

 

時間が取れない、

限られた環境のなかでいかに

レーニング効果を引き出すか、

この冬は『タバタ式トレーニング』に向き合います!

 

関連書籍は多数ありますが

まずは本家本元、田畑先生の著書をおすすめします。

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

 
HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング (DVD付)

HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング (DVD付)