一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

鍼灸マッサージ師の未来は??

f:id:otsuka_style:20191111123247j:image

 

いつもありがとうございます。

 

昨日は休診にして

(本当は休診にしたくない)

所属している団体の研修会に

参加してきました。

 

f:id:otsuka_style:20191111123309j:image

 

イチ参加者ではなく

団体の理事なので運営側での

参加です。

 

しかし普段、ひとりで

治療院を経営しているので

他の先生方に会えるのは非常に

良い機会です。

 

いろいろな先生と話していて

いつも集客(集患)に困っている先生が

本当に多く、この業界は食べていくのに

大変だと言われます。

 

うちはおかげさまで

困っていないので有難い状況ですが

みなさん、大変なようです。

 

昔は腕が良ければ

勝手に患者が来る!

という時代でしたが、本当の

ゴッドハンドなんて一握りなんです。

 

私も開業する前もした後も

大御所の先生や学会の会長をしている

先生の治療をたくさん受けてきましたが

??な治療結果の先生も

多いことも事実です。

 

自分のことを棚に上げて、

という訳ではありませんが

日々研さんしていかなければ

なりません。

 

以前にブログでも書きましたが

ひとり治療院でも、人を雇っていても

治療院を運営するには

施術者のみでも

経営者のみでもダメなんですね。

 

施術者と経営者のバランスが大切です。

 

未だに?とは失礼ですが

保険診療ができないと厳しいやり方を

している先生が非常に多いです。

 

え?

鍼灸やマッサージも保険使えるの?

と思った方もいるでしょう。

 

医師の同意や

決められた少数の疾患のみ

保険が適応になります。

 

高齢の方や

歩行困難、寝たきり状態の方に

施設やご自宅に伺って施術をすれば

治療費プラス交通費も保険でまかなえます。

 

保険治療に時間の決まりはないので

訪問して15分程度ちょこっとからだを

触って次々と施設やお宅を訪問すれば

稼げます。

 

うちが保険診療を使わないのは

訪問や往診はしないこと、

保険診療の仕組みとして

からだ全体を治療できないからです。

 

なので10分15分程度で終わらないと

割に合わないのです。

 

ですが、利用する方からすると

安価でやってもらえる、

自宅に来てくれる、

と良いことづくめかもしれませんが

治療や良くすることを考えると

??

 

本当に良くしたい、

健康を維持したい、

予防したい、

という方をターゲットにしてますので

保険診療はフィットしないんですね。

 

そもそも、安くなければ

受けてくれない治療はどうなんでしょうね。

 

治療の結果はもちろん、

場の力、空間の癒し、

またその時間に対しての対価を

いただくという考え方は

10分程度ではできません。

 

保険が使えなくなったら廃業する

先生が多くなるでしょう。

 

でも保険のシステムは国が決めることなので

時代によって流動的です。

 

どうなるか分からないことに頼るより

自分の軸をしっかり持って

自分とフィットしない方は

ご縁がなかったと割り切っています。

 

あなたではないとダメなんです。

と言われるくらいの

圧倒的な信頼感を持ってもらうことは

お金ではできません。

 

ゴッドハンドではないことを充分理解していれのでゴッドハンドではない戦い方で私はやっています。