一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

整骨院は保険が効いてマッサージしてくれるところ、だと思っている人は必ず読むべき一冊。

f:id:otsuka_style:20191126103009j:image

 

いつもありがとうございます。

 

現在発売されている

週刊ダイヤモンド、もう読まれましたか?

 

今回は

腰痛・膝痛・肩痛の治療法と

整骨院の裏側についての特集です。

 

特に、何も考えず

保険が効いて安いから整骨院に通っている

という人は一読した方が絶対良いです。

 

まず、そもそも

整形外科、

整骨院接骨院

整体、

カイロプラクティック

ラクゼーション、

ほぐし、

ボディケア、

エステ、 など

からだを触る仕事や職業についての

区別や

職種によって

やれることと、やってはいけないことが

全く理解していない方がほとんどだと思います。

 

まず、

整形外科はお医者さんですね。

骨や関節、筋肉や神経という

いわゆる運動器を専門に扱う科目です。

 

お医者さんですから医療です。

保険が適応になりますね。

 

整骨院接骨院

整形外科と似ていますが全く違います。

医師同様に国家資格でありますが、

急に痛めたケガを処置する場所です。

 

急に痛めたケガに対してのみ

保険が適応になるんです。

 

本当は。

 

ですから、

慢性の肩こりはケガではありませんので保険は使えません。

 

本当は。

 

仕事で疲れた、筋肉が凝った、

というのはケガではありませんので保険は使えません。

 

本当は。

 

似ているようですが、

整体はそもそも誰でもできます。

 

資格等ありそうですが、

我々国家資格免許を持っている人間からし

民間資格はまったく効力はありません。

 

ナントカ協会北信越代表とかいっても

『別に・・・』ということです。

 

同様に

カイロプラクティックも医療っぽいイメージですが

国家資格ではありません。

 

なかなか区別が付きづらいですよね。

 

私も患者さんに必ずお伝えしてますが

なかなか理解が難しいです。

 

この週刊ダイヤモンド

かなり突っ込んで書いてます。

 

不正請求の仕組みなんかも。

 

何も考えずに

安くデンキあててマッサージしてくれるところ、

という感覚で整骨院接骨院に行っている方は

絶対読むべき一冊です。

 

これからは何も知らなかった、では

済まされない世の中になります。