一鍼不乱に一灸入魂!

田舎の鍼灸(しんきゅう)師が綴る、読書、ランニング、健康な生き方、日々のつぶやきブログ

ホカオネオネ カーボンX 発売前夜 実走レビュー

f:id:otsuka_style:20190531205708j:image

いつもありがとうございます。

 

いよいよ明日

2019年6月1日に店頭販売開始の

『ホカオネオネ   カーボンX』

 

先行して

入手し、走ってみたので

レポートします!


開封レポはこちらから→

ホカオネオネ カーボンX 店頭発売前入手レビュー - 一鍼不乱に一灸入魂!

 

 

 

使用したメニューは

1キロ×3本、で、

3本目に

カーボンXを履いて走りました。

 

ちなみに

1、2本は

アディダス アディゼロタクミ センです。

 

前半に接地感がある

シューズを使用し、

ラストでカーボンXを使ってみました。

 

f:id:otsuka_style:20190531210452j:image

 

こんな感じでした。

 

いわゆる、

薄底・厚底の

対局的な感じです。

 

個人的なインプレッションですが、

スピードを上げて走る時は

タクミ センの方が走り易かったです。

 

カーボンXは

初めて履いたので、

接地のスイートスポットを

探っているうちに走り終わった感じです。

 

ヴェイパーフライ4%と比べると

カーボンXの方が柔らかい印象で

ガツンと反発するより、

フニャっとクッショニングしてから

微妙なタイムラグの後に

カーボンプレートの反発を

感じるイメージでしょうか?

 

f:id:otsuka_style:20190531211445j:image

 

ヴェイパーフライ4%は

反発を感じる

スイートスポットが狭いですが、

カーボンXは広いイメージです。

 

ですので、

キロ4分くらいでも

カーボンの反発を感じれるかと思います。

 

ヴェイパーフライ4%は

ゆっくりペースでは

恩恵を受けないですが、

カーボンXは

ちょっとゆっくりペースでも

対応できそうです。

 

なので、

カーボンXの方が

レベル問わず

万人受けしそうですね。

 

やはりウルトラマラソン

記録を狙うプロモーションは

納得できますね。

 

カーボンXでトラックを走れる

イメージができません・・・

 

この感覚は

個人的なインプレッションですので

参考になるか

微妙かと思いますが

そんな印象です。

 

もう少し、

カーボンXで走って

印象が変わるかもしれませんが、

1キロのスピード練習では

ちょっと走りにくい、

という個人的なイメージです。

 

このシューズを

活かす、

使いこなすことを

考えていきたいと思います!


otsuka-style.hatenablog.jp